私たちのよく知る看護師とは - もっと知りたい!看護師業界

私たちのよく知る看護師とは

まず始めに、看護師という言葉から、どんなことがイメージされるでしょうか。
白衣の天使、小さな女の子たちの憧れの職業、優しく介抱してくれるお母さん的な存在、テキパキした女性、などというプラスのイメージから、重労働、夜勤のある不規則な仕事、3Kなどというマイナスのイメージまで様々なことが連想されると思います。
このように、色々な要素を思い浮かべることができるのは、単に私たちが小さな頃から病院やクリニック、学校などで直接接しているというだけでなく、テレビなどでもよく看護師の世界が描かれたドラマが放送されたり、ドキュメンタリー番組や、雑誌や新聞などのマスメディアにも度々登場するからなのではないかと思います。

このように私たちにとってとても身近な存在である看護師ですが、どのようにして看護師となれるのか、学校だけではなくその後の現場でどのような教育を受けているのか、看護師の資格制度について、資格の種類について、具体的な仕事の内容、病院やクリニックなどの一般的な医療機関以外での活躍できる分野や働くことのできる場所など、少し深いことになると、あまり一般的には知られていないのではないかと思います。
私たちが知っているようであまり知らない看護師の世界。
例えば仕事内容、つまりどの医療行為までできるかということは、世界各国によってバラバラであり、また資格制度や受ける教育内容なども、国によって違いがあるのですが、国が違っても、時代が違っても、人の生死という重大なテーマに常に関わっている、尊い仕事というのは一貫して同じなのではないでしょうか。
人の生死という思いテーマと常に隣り合わせで働いているという職業上、肉体的だけでなく、精神的にも大変な、しかしとてもやりがいのある仕事なのではないかと思います。

どのような人たちが看護師を目指しているのでしょうか。
どのような人たちが看護師として働き続けているのでしょうか。
やはり最終的には肉体的にも精神的にも強く、思いやりや優しさに溢れている人たちなのではないでしょうか。